大竹伸朗

おおたけしんろう

日本

1980年代初頭より国内外で作品発表を開始。近年は、第8回光州ビエンナーレ(韓国、2010)、ドクメンタ(13)(ドイツ、2012)、第55回ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア、2013)などの国際展に参加。ベネッセアートサイト直島での主な作品は、1994年に発表された「シップヤード・ワークス」ほか、家プロジェクト「はいしゃ」≪舌上夢/ボッコン覗≫(直島、2006)、直島銭湯「I♥︎湯」(直島、2009)。瀬戸内国際芸術祭2013の参加時には、女木島にて「女根/めこん」を発表。