眞壁陸二

まかべりくじ

日本

2000年より画家として活動開始。2008年より壁画の手法を使ったサイトスペシフィックアートとキャンバスペインティングを平行して制作し国内外にて活動。切り取り寄せ集めコラージュされた断片状の樹や自然をモチーフに記憶、宗教、生死感をテーマに制作をおこなう。

【主な作品・展覧会など】
2015 「叙景」ベイスギャラリー (東京)
2015 「森からはじまる物語」金津創作の森 美術館(福井)
2014 「Hazing Kyoto」星空間(北京、中国)
2012 「SUSTAINABILITY」Triumph Gallery(モスクワ、ロシア)
2012 「イチハナリ アートプロジェクト」(沖縄)

作家公式ウェブサイト>