アーカイブ

一覧に戻る

せとうちのしおり

一覧に戻る

2019.02.22 海の復権(筆:北川フラム)

せとうちのしおり#36


 瀬戸内国際芸術祭は、それぞれ個性をもっている島の地形や風景や生活の特徴をアーティストが作品を作ることによって表すという一風変わった国際的な芸術祭です。
 回を追って、国内だけではなく海外からも多くの人が来られますが、みなさんに来られた理由を聞くと…

MORE

2019.02.15 ままごとに、かくれんぼ。遊び場だった製錬所跡


せとうちのしおり#35

岡山市唯一の有人島、犬島。「ベネッセアートサイト直島」の活動拠点のひとつで、犬島精錬所美術館や犬島「家プロジェクト」があります。犬島精錬所美術館は、犬島に残る銅の製錬所の遺構を保存・再生した美術館です。
「在るものを活かし、無いものを創る」…

MORE

2019.02.08 世界の海で活躍。粟島海員学校と海の暮らし


せとうちのしおり#34

かつては北前船の寄港地として栄え、日本初と言われる海員学校があったことでも知られる粟島。
珍しいスクリューのような形は、小さな3つの島が潮流によってできた砂州で結び合わされてできたと言われています。
外洋航路の船員を多く輩出し、島の方曰く…

MORE

2019.02.01 豊かな島、豊島で、食の風景を探してショートトリップ

せとうちのしおり#33


スダジイやクヌギなどの原生林が広がる壇山からの湧き水に恵まれ、古くから稲作や酪農、野菜や果物づくりが行われていた、文字通り豊かな島、豊島。港から自転車に乗って島をめぐると、美しい棚田の風景など、豊かな食の風景に出会います。みかん農家さん、いち…

MORE

一覧表示