一覧ページへ戻る

越智良江

おちよしえ

日本

劇作家・演出家。
演劇を通じたWSや作品作りを、様々な土地や人々に寄り添い多彩に創造する。
2016年まで広島「劇団Tempa」代表・作・演出。2017年に東京に移住。代表作に、演劇とコンテンポラリーダンス、ベースとの作品「With One’s」、落語「三年目」を新しい目線から描いた「贋作・三年目」、民話を元に書き下ろした「椿の田」「夏色クレヨン」など。文化ホール・高校・企業でのWSや講演も行う。広島佐伯区民文化センター 佐伯キッズ音楽劇の脚本・脚色・演出。