一覧ページへ戻る

高橋治希

たかはしはるき

日本

磁器のもつ「儚さと堅牢さ」に、命の在り様を感じて制作している。眼前の風景と磁器の形体を同化させることで、「命を抱擁する現実」の向こうから見え隠れする美しさを表現している。

【主な作品・展覧会など】
2014 「食とアートの廻廊」(長野)
2012,2013 「工芸の魅力×アートのドキドキ」(滋賀、岐阜、兵庫)
2009,2012,2015 「越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)
2008 「金沢アートプラットホーム」(石川)
<個展>
2015 「呼吸するように」(京都)

【主な賞歴】
1995 サロンド・プランタン賞(東京芸術大学)
1999 キリンコンテンポラリーアワード奨励賞(キリンビール)

作家公式ウェブサイト>