島巡りの心得

動きやすい服装で行動しよう

動きやすさを最優先に、温度調節のしやすい服装で出かけよう。春や秋は、突然寒くなることがあるので上着も忘れずに。両手が使えるリュック、足元は履き慣れた運動靴で。島内は坂道や石畳が多いのでヒールやサンダルは不向き。夏の暑さはとても厳しいので、帽子やタオルなど、熱中症対策も忘れずに。

  • 作品がいつ鑑賞できるか確認しよう

    会期や日にちによって鑑賞可能な作品が異なっている。事前に確認を。

    直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 / 沙弥島[春のみ] /
    本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
    粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港周辺 / 宇野港周辺 / 広域・回遊

  • さわやかに挨拶をしよう

    島の人々や来島者同士、出会ったらさわやかに挨拶をしよう。

  • マナーを守って鑑賞しよう

    大声で騒いだり、勝手に民家の庭先に入るなど、地元の人々に迷惑をかける行為はやめよう。写真を撮るときも一声かけてから。

  • 食事の計画を立てておこう

    島内は、飲食店や販売店が限られている。飲料水は持ち歩き、食事もなるべく予約しておこう。クレジットカード等が使えないお店が多いので、現金を持っておくと安心。

  • 交通ルールを守ろう

    島内の道は、地元の方が利用する生活道。通行の邪魔にならないように、歩行者も自転車も一列で。

  • トイレは見つけたら済ませよう

    島内で利用できるトイレの数は限られる。フェリーや港などで済ませておこう。

  • 帰りの船の時刻を常に確認しよう

    島から港に帰る船の最終便を逃がすと翌朝まで交通手段がなくなってしまう。計画的に行動し、船の緊急情報にも注意しよう。

    時刻表
  • 自分が出したゴミは、必ず島からもち帰ろう

    島ではゴミの処理ができない。高松港には来場者用のゴミステーションを設置している。

  • 島への自家用車の乗り入れは控えよう

    普段は静かな島。混雑を避けるために、小豆島以外の島への車の乗り入れは控えよう。