アーカイブ

2019.08.16 「絵になるけん、アート県」動画

香川県では、「絵になるけん、アート県」と題して、宮本亜門さんが高松港・女木島、男木島を巡る動画を公開しています。
詳しくは、こちらからご確認ください。
https://www.my-kagawa.jp/udon-ken/




2019.08.09 塩田千春×田根剛の新作を豊島の甲生地区で!


森美術館で開催中の「塩田千春展:魂がふるえる」が話題を集めている塩田千春さんと、エストニア国立博物館の国際設計競技に参加し優勝するなど、世界的な注目を集める田根剛さんが、豊島の甲生(こう)地区で、新作プラン「新作(タイトル未定) 進行中」を公開しています。


ここにしかない、誰も見たことのない、2人に共通する「記憶」をテーマに、3年後の完成を目指し、新作のコンセプト模型を「遠い記憶」と共に展示しています。





塩田千春+田根剛「新作(タイトル未定) 進行中」
Photo: Keizo Kioku
Chiharu Shiota & Tsuyoshi Tane "New Project (Untitled), In Progress"
Photo: Keizo Kioku


家浦港からは、作品の近くまでバスで移動することができますよ!
時刻表など詳細は、豊島観光ナビのページをご覧ください。
https://teshima-navi.jp/access/#move

2019.08.08 福田アジア食堂の夏メニュー

小豆島の福田地区で、閉校になった小学校をアジア・アート・プラットフォームとして再生した「福武ハウス」。隣接する「福田アジア食堂」では、アジアの料理を手軽に楽しむことができます。
夏会期には、3つの定食をご用意しました!


福田定食《かきまぜごはん》



アジア定食A《ガパオライス》



アジア定食B《韓国冷麺》


「福武ハウス」/「福田アジア食堂」までは、福田港からは車で5分、大部港からは車で約20分で到着します。坂手港からは車で約30分です。

リン・シュンロンさんの「国境を越えて・波」との動線もスムーズですよ。
小豆島巡りのうちのひとつに加えてみては?


営業時間
11:00-16:00 (LO 15:30)
会期中無休


メニュー
・福田定食《かきまぜごはん》 1,000円
・アジア定食A《ガパオライス》 1,000円
・アジア定食B《韓国冷麺》 1,000円
・アイスコーヒー 300円
・ゆずソーダ 300円
・うめソーダ 300円
・しそソーダ 300円
・コーラ 300円

2019.08.04 【女木島】鬼ヶ島大洞窟⇒鬼ヶ島おにの館 最終バス発車時刻変更のお知らせ










お問い合わせ
鬼ヶ島観光自動車 ☎087-873-0277

2019.08.03 【特別企画】四国村・屋島・北浜をめぐるハーフデイツアー

夏会期(7月19日~8月25日)の毎週土曜日、新規作品が公開されている3つのエリア(高松港周辺:四国村・屋島・北浜)を巡るツアーを実施しています。


夕方からの出発ですので、移動日で島巡りの時間が取れなかった方はもちろん、日中は島巡りを楽しんだ方でもご参加が可能です!


四国村では、四国村ギャラリー企画展「猪熊弦一郎展~私の好きなもの~」もご覧いただけます。

夕方から夜にかけて高松港周辺を巡るスペシャルツアー、ぜひお楽しみください。


ツアーの詳細・お申込みは、瀬戸内国際芸術祭ツアー販売サイトからご確認ください。
https://setouchi-artfest.kotobus.com/special/halfday_takamatsu.html


写真:四国村(ラム・カツィール)

2019.08.03 【mg07】良縁大安ワークショップ「½ ツアー」

恋人も、友達も、家族も、知らない人も、どなたでも参加できる女木島巡りの2人ツアー。参加される方々は、1人でそれぞれのルートをまわって、旅中のいいことを写真で記録して、ツアー後に、相手にそれぞれの特別な体験を共有することができる企画です。


日時|
8月7日(水)旧暦による七夕の日 各3回
①10:45~
②12:45~
③14:45~(所要時間:1時間)


集合場所|
ウェディング・ショップ(女木島、作品番号:mg07)


対象・定員|
どなたでも、2人/1組


参加費|
5,999円/組(お菓子、使い捨てカメラ2台、現像、スキャンを含む)


申込・問合せ|
参加者のお名前、電話番号をredthreadhk@gmail.comまで。
イベント当日ウェディング・ショップの受付でも参加を承ります。

※各回とも申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

2019.08.01 オフィシャルツアーDコース(宇野港・犬島)のおススメ!

2019年の新規作品を中心に鑑賞しながら、チャーター船で島々を巡るガイド付きオフィシャルツアー
宇野港と犬島を巡るDコースの魅力をご紹介します!




①宇野港に新規作品が登場!
夏会期より、宇野駅前シーサイドパークに原口典之さんの作品「斜めの構成1 / 斜めの構成2 / 水平の構成3」が公開されました。重量感のある巨大な建築資材のH鋼がワイヤーによって引っ張られ、絶妙なバランスで支えられているように見えるこの作品は、近くで見ると大迫力です。




②たまのの「たまべん」夏バージョン!
見た目もかわいらしく、味も美味しいと大好評の「たまべん」が、岡山県の郷土料理「ばらちらし」にちなんだちらし寿司をメインにした夏メニューになりました。食欲が落ちる夏でも、さっぱりと食べやすいお弁当です。




③犬島のアート施設・作品を満喫!
犬島には2時間30分滞在します。犬島精錬所美術館のほか、犬島「家プロジェクト」をゆっくりとご鑑賞いただけます。


ツアーの詳細・お申込みは、瀬戸内国際芸術祭ツアー販売サイトからご確認ください。
https://setouchi-artfest.kotobus.com/

一覧表示