アーカイブ

2019.09.27 粟島案内所での作品鑑賞パスポート引換可能時間について

粟島案内所(粟島開発総合センター内)は、粟島港に着いてすぐ、桟橋を渡った左側にあります。

開設時間は9:00から16:30です。

ただし、作品鑑賞パスポートの引換え券から実券への引換えが可能な時間は、9:30から16:30までですのでご注意ください。

なお、粟島への定期船が発着する須田港案内所では、8:30から17:30まで作品鑑賞パスポートの引換えが可能です。
お急ぎの方は須田港案内所での引換えをお願いいたします。

詳細は、こちらからご確認ください。
https://setouchi-artfest.jp/visit/passport/exchange.html

2019.09.26 秋会期「島の料理・お接待情報」

瀬戸内国際芸術祭2019では、来場者の方々に島の歴史・風土を感じ、地域の人々とのふれあいを味わってもらえるよう、「食」に焦点を当てた作品の展開や、郷土食、瀬戸内の食材を活かした食の提供など、秋会期中、様々なおもてなしをご用意しています。





PDF版のダウンロードはこちら↓

瀬戸内国際芸術祭2019秋会期「島の料理・お接待情報」

2019.09.25 ベトナム×瀬戸内の新しい麺料理「フォうどん」を粟島で




粟島の空き家を使って3つのプロジェクトを展開するベトナム出身のアーティスト、ディン・Q・レが、そのプロジェクトのひとつとして、ベトナムの代表的麺料理“フォー”と、香川県の“さぬきうどん”を掛け合わせた、新しい麺料理「フォうどん」を考案しました。



フォうどんセット/ 越南烏冬定食 …¥1000

ベトナムの代表的麺料理、フォー(鶏肉)のスープをだしに、讃岐うどんをお楽しみいただきます。郷土料理「いりこ飯」とのセットメニューで提供いたします。

ベトナムコーヒー(アイスのみ)/越南珈琲(冰) …¥500
深煎りコーヒーと、甘い練乳をまぜて楽しむベトナム式のコーヒー


営業日
土日祝日のみ営業
(ただし10/14(月祝)、10/20(日)、10/22(火祝)は休業)

営業時間
11:00-14:00
※公式ガイドブック秋会期版冊子p.50に「10:30-14:00」とありますが、正しくは11:00から14:00までですのでご注意ください。

場所
香川県三豊市詫間町粟島1381-1




フォうどん
フォーのスープは、鶏がら、たまねぎ、しょうが、エシャロット、八角、シナモン等でだしをとっています。
店内壁面には、スープに使用しているスパイスの写真を掲示しています。

いりこ飯
いりこは、瀬戸内海でとれる煮干。粟島のとなり、伊吹島の名産品です。
三豊市のお母さん方のレシピの「いりこ飯」には、里芋、にんじん、だいこん、油揚げ、こんにゃくが入っています。

薬味
薬味(パクチー、バジル、青じそ)は、お好みでうどんの中に入れてお楽しみください。
お母さんたちの手作り「いりこみそ」は、フォうどんの鶏肉につけて食べるとおいしいですよ!

なすときゅうりのからし漬け

2019.09.25 たまのの「たまべん」秋バージョン



※写真はイメージです。


瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、宇野港案内所で、たまのの「たまべん」を販売します!
無添加調味料のワークショップや無添加のお弁当など「ごはんで笑顔をつくる」をテーマに活動中のフードクリエイターで、「bento HATOBA」代表の、たがみまきさんによる無添加のお弁当。
地元玉野のおいしいものと瀬戸内の幸をふんだんに詰め込み、玉野の「玉」からイメージしておかずもお弁当箱もすべて丸い形状に。移動中や屋外でもつまみやすいお弁当です。瀬戸内国際芸術祭を訪れる観光客の方々とのご縁(円)に感謝するという意味も込めました。


たまののたまべん秋バージョンは、「2色おこわの秋たまべん」。玉野産の穴子とキノコを炊き込んだ「あなごのおこわ」とタコと梅干しを黒米でピンクに色付けした「たこのおこわ」、2色のもちもちおこわを中心に地元産の秋の幸を使って数種類のおかずを詰め込みました。
瀬戸内の旬、秋の味覚を堪能できる「秋たまべん」をお供に、アートの島旅をお楽しみ下さい。


※数に限りがあります。
※予約可能です。前日の12:00までにご予約ください。


【予約・問合せ】
bento HATOBA
0863-33-9883 


【販売場所】
宇野港案内所、みかん小屋(豊島「島キッチン」敷地内)


【販売開始時刻】
宇野港案内所|平日・土日祝ともに10:00から
みかん小屋|土日・月祝のみ11:00から


【価格】
950円(税込)


【休み】
直島・豊島の休島日に準じる
※みかん小屋での販売は土日・月祝のみです。


【メニュー】



2019.09.23 高見島「海のテラス」メニューと営業時間



海を一望できるテラスでイタリア料理を楽しむことができる作品ta11「海のテラス」(野村正人)。

高見島の浦地区に古くからみられる石垣づくりの通りの一角に、明るく開放的なテラスができました。
芸術祭にご来場の皆さまと地元の方との交流の場として、皆で食卓を囲むことができます。


屋外作品としての公開は10:00から16:45まで。
お食事を提供できる時間は10:30から16:00(LO 15:00)です。

※公式ガイドブック秋会期版冊子p.50に「10:00-16:00(LO15:00)」とありますが、お食事を提供できるのは10:30から16:00(LO 15:00)までですのでご注意ください。




※写真はイメージです。


営業時間
火・水・木・金・日 10:30-16:00(LO15:00)
月・土 13:30-16:00(LO15:00)
※11月3日(日)は貸切のため10:30-11:30・13:00-15:00(LO)のみ営業
11月3日(日)は通常どおり営業します。
休業日
会期中無休
場所
香川県仲多度郡多度津町高見1636
問い合わせ
090-1578-1732





2019.09.20 福田アジア食堂の秋メニュー

小豆島の福田地区で、閉校になった小学校をアジア・アート・プラットフォームとして再生した「福武ハウス」。
隣接する「福田アジア食堂」では、アジアの料理を手軽に楽しむことができます。
秋会期にお楽しみいただける定食はこちら!


福田定食 日本



アジア定食A《サムパブ》 韓国



アジア定食B《グリーンカレー》 タイ


「福武ハウス」/「福田アジア食堂」までは、福田港からは車で5分、大部港からは車で約20分で到着します。坂手港からは車で約30分です。

リン・シュンロンさんの「国境を越えて・波」との動線もスムーズですよ。
小豆島巡りのうちのひとつに加えてみては?


営業時間
11:00-16:00 (LO 15:30)
会期中無休


メニュー
メニュー
・福田定食《かきまぜごはん》 1,000円
・アジア定食A《サムパブ》 1,000円
・アジア定食B《グリーンカレー》 1,000円
・ドリンク各種 300円

2019.09.17 「本島 タイの日」マルシェ出店者募集中

秋会期(9月28日~11月4日)に参加する本島では、タイのアーティスト、ピナリー・サンピタックの作品、ho11「笠島ー黒と赤の家」が展開されます。

その作品展開の一環で、本島のほぼすべての飲食店にご協力いただき、タイ風にアレンジされた料理が秋会期限定で提供されます。

これにあわせて、毎週日曜日には、本島泊港で、タイの食べ物や雑貨などが集まるイベント「本島 タイの日」が開催されます。(主催:本島タイの日実行委員会)

現在、この「本島 タイの日」マルシェの出展者を募集しています!
詳細は添付資料をご確認ください。




日程
2019年 9月29日(日)9時30分~16時00分
2019年10月6日(日) 9時30分~16時00分
2019年10月13日(日)9時30分~16時00分
2019年10月20日(日)9時30分~16時00分
2019年10月27日(日)9時30分~16時00分
2019年11月3日(日) 9時30分~16時00分

会場
香川県丸亀市本島町 泊港 特設テント広場(屋外会場)



お問い合わせ
〒760-0019 香川県高松市サンポート1-1
高松港旅客ターミナルビル6 階
特定非営利活動法人 瀬戸内こえびネットワーク内
㈱アートフロントギャラリー 担当:細谷
電話: 087-813-1741
FAX:087-813-1742
携帯:090-6515-4240
メール:hosoya@artfront.co.jp


※画像はイメージです。

本島タイの日 マルシェ出店募集要項

2019.09.13 本島「島娘弁当」のお知らせ

秋会期に、本島で「島娘弁当」を販売します!

本島の食材で作る「島娘弁当」は、たこ飯やたこ天に、小エビと野菜のかき揚げなど満足する一品ばかり!
しかも、地元の人しか食べられないコバシラの天ぷらが入っていることも・・・!

生まれも育ちも本島だからとの理由で名付けられた島娘。
瀬戸大橋を眺めながら食べる島娘弁当も、より一層おいしさが増しますよ!


販売場所
丸亀市本島町泊494-6(本島泊港すぐ目の前)

販売開始時間
9時~

価格
1,000円(税込)

その他メニュー
たこ飯
たこ天
たこコロッケ
鯛カツ丼  他


Photo: Keizo Kioku

2019.09.12 うららの伊吹島弁当



秋会期に、伊吹島で「うららの伊吹島弁当」を販売します!

伊吹島のお母さんたちが主体となり、伊吹島の食の魅力を知ってもらおうと瀬戸内国際芸術祭2016のときに発足した「うららの台所」。
「うらら」とは、方言で「私たち」という意味です。

今回は、「瀬戸内『食』のフラム塾」修了生で『創作郷土料理 曆』の岸本等さん監修のもと、イリコ飯や伊吹島の食材をふんだんに使い、真心こめて作ったお弁当を提供します。
お弁当の他にもサイドメニュー(いりこ飯、釜揚げいりこの天ぷら)も準備しています。





メニュー
いりこ飯
釜揚げいりこの天ぷら
小魚のきんぴら
ふき大根
焼き魚(鯛)
うどん粉餅

値段
1,200円(税込)

営業時間
11時~14時

販売場所
うららの台所
観音寺市伊吹町899番地

販売日
会期中無休
※10月4日~10月7日は、祭礼の為、臨時休業いたします。

販売個数
平日限定40食、休日限定80食

その他
10名以上の場合のみ予約可能。
080-2994-3115

購入個数に関わりなく、当日、現地での予約を受け付けています。
午前中の船で伊吹島に入る方は、現地で購入個数と受取時間をお申し付けください。





お弁当を作っている地元のおかあさん方です。
うららの台所は、おかあさん達手づくりの大漁旗でできた暖簾が目印です!


伊吹島とイリコ
伊吹島の産業といえば“イリコ漁”です。
イリコとは、カタクチイワシをゆでて乾燥させたもののことです。

伊吹島では、漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産するため鮮度が抜群!
上質な「伊吹いりこ」は、全国に出荷されています。


メニューのひとつ「釜揚げいりこの天ぷら」は、伊吹島の食卓にはよく登場する一品です。

でも、この「釜揚げいりこ」、実は、伊吹島の方以外の香川県民でもほとんど食べたことがない!
”伊吹島に行かないと食べられない”お料理なのです。


その理由は、伊吹いりこの特徴である、その鮮度。
「釜揚げいりこ」とは、水揚げされてから30分以内に釜茹でされたカタクチイワシのことです。
つまり、水揚げされてから30分以内のイリコを食べることができるのは、普段は伊吹島の方々だけなのです。


今回、瀬戸内国際芸術祭2019にあわせて、地元のおかあさん方が、そんな貴重な「釜揚げいりこの天ぷら」を用意してくださいました!




イリコ漁の様子や、漁が最盛期を迎え活気にあふれる伊吹島の夏の様子などは、「せとうちのしおり」でも紹介しています。
https://setouchi-artfest.jp/all-news-ibukijima/detail-blog-127.html

2019.09.06 【大島】休島日のお知らせ(10月17日・20日・24日)

秋会期中の10月17日・20日・24日は、電気設備定期点検・工事等による停電のため、大島は休島日となります。


なお、工事の状況によっては休島日が追加になる可能性があります。
その場合は、公式ウェブサイトの緊急情報等でお知らせします。


https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/oshima/

一覧表示