アーカイブ

2018.12.10 瀬戸内国際芸術祭2019がアメリカのメディアに掲載されました


アメリカの大手旅行メディアの「FORDORS」とアメリカの富裕層向け雑誌「ARCHITECTURAL DIGEST」に、2019年に行くべき旅の目的地として日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、来年4月26日から開催する瀬戸内国際芸術祭2019が挙げられましたので、お知らせします。


●「FORDORS」
・媒体概要|アメリカの大手旅行メディア。オンラインサイトはユーザーが5百万人/月、2500万PV/月を誇る媒体。
・掲載内容|2019年に行くべきディスティネーションTOP52の第13位に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、瀬戸内国際芸術祭が挙げられています。
https://www.fodors.com/news/photos/fodors-go-list-2019




●「ARCHITECTURAL DIGEST」
・媒体概要|アメリカの代表的なインテリア雑誌。全米の豪邸の紹介や、ヨーロッパやアジアのリゾート地やアートを紹介し、富裕層向けの情報を発信する媒体。
・掲載内容|2019年に行くべきディスティネーションTOP20の第8位に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、瀬戸内国際芸術祭が挙げられています。
https://www.architecturaldigest.com/story/setouchi-japan-design-travel-guide

2018.12.05 12 月 16 日(日)ART SETOUCHI イベント「島のお誕生会」開催 ~師走にやってみよう!しめ縄づくり~


瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、3年ごとに「瀬戸内国際芸術祭」 を開催し、その間の年には、アートを通して地域の活力を取り戻し、再生を目指す活動である「ART SETOUCHI」に取り組んでいます。
この「ART SETOUCHI」のイベントとして 2018 年 12 月 16 日(日)、豊島で「島のお誕生会」を 開催します。島民と来場者の交流の場として月に 1 度開催し、その月に誕生日を迎える人を祝うイベ ントです。


今年最後の島のお誕生会は、「師走にやってみよう!しめ縄づくり」と題して、お正月に迎える年神 様を祀るためのしめ縄づくりにチャレンジします。先生として、しめ縄づくり歴約40年、豊島生ま れの石井栄一(いしいえいいち)さん等島民の方々をお迎えします。石井さんの手にかかるとワラも 立派なしめ縄に!ワラの扱い方、形の整え方、飾り方などいろいろ教えてくれます。しめ縄づくりの 名人に教えてもらいながら、自分だけの手作りしめ縄を作りましょう。


【「島のお誕生会」概要】
日 時|
2018 年 12 月 16 日(日)14:00~15:00
場 所|
唐櫃公堂(香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃 822-1) 参加費|無料(事前申込不要)
※必要な材料、道具は準備しておりますので、作業のできる格好で参加してください。

2018.12.03 丸亀高校1年生が、同校と瀬戸内国際芸術祭実行委員会が連携して 実施している課題研究(地方創生)での研究結果を報告します



瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、小・中学生から大学生まで、瀬戸内国際芸術祭に関わる課外活動などの実施を促進することにより、次代を担う若者や子ども達が、地域の課題にふれると同時に、世界とつながる機会を創出することを目的に、学校連携に取り組んでいます。
平成30年度の取組みの1つとして、丸亀高校が実施する「香川版スーパー・グローバル・ハイスクール事業」と連携し、「地方創生」のテーマとして瀬戸内国際芸術祭を選択した高校1年生38名を対象に、芸術祭についての学習や芸術祭の会場である本島・高見島でのフィールドワーク活動を支援してきました。この度、課題研究に取り組んできた生徒たちが、島の魅力を活かした地域おこしの企画について報告する発表会が開催されます。


1 日時
平成30年12月12日(水) 12時55分~15時05分

2 場所
香川県立丸亀高等学校(所在地:香川県丸亀市六番丁1番地)
※正面玄関ホールにおいて受付をいたします。

3 その他
・取材の申込は当日までに瀬戸内国際芸術祭実行委員会(渡邉)までお願いいたします。
・駐車場は丸亀高校・来客用駐車スペースをご利用ください。


〇丸亀高校「香川版スーパー・グローバル・ハイスクール事業」について

丸亀高校では、将来国際的に活躍できる人材の育成を目指し、大学・行政・企業等と連携し課題探究活動に取り組んでいます。このうち、1年生はメインテーマ「地方創生」のもと7つのサブテーマに分かれて、探究活動を行っています。

2018.11.08 瀬戸内国際芸術祭2019企画発表会を開催しました(当日資料提供)/作品鑑賞パスポート販売開始&公式ウェブサイトリニューアルオープン

平成30年11月7日(水) に東京で開催した「瀬戸内国際芸術祭2019 企画発表会」の配布資料を別添のとおり提供します。(別添1)
内容は、平成30年10月30日(火)に香川県で開催した「瀬戸内国際芸術祭実行委員会第24回総会」後に提供した資料「瀬戸内国際芸術祭2019 Setouchi Triennale 2019」を美術関係者や旅行エージェント向けに編集したものです。
また、11月7日(水)に公式ウェブサイトをリニューアルし、11月8日(木)に作品鑑賞パスポートの販売を開始しました。

※詳細は別添報道提供資料をご確認ください。

報道提供資料

別添1)企画発表会配布資料

別添2)パスポート概要

別添3)共通乗船券概要

2018.11.08 小豆島において、地元の小・中学生と高校生が行う「英語で観光ガイドをしてみよう!」の中で、瀬戸内国際芸術祭のPR活動等を行います

瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、小・中学生から大学生まで、芸術祭に関わる課外活動などの実施を促進することにより、次代を担う若者や子ども達が、地域の課題にふれると同時に、世界とつながる機会を創出することを目的に、学校との連携に取り組んでいます。
 今回は、小豆島中央高校が実施する「平成30年度コミュニケーション能力育成事業(第2回)」と連携し、小・中学生、高校生を対象に、瀬戸内国際芸術祭についての学習や外国人観光客に対するPR活動等の支援を行います。

※詳細は別添報道提供資料をご確認ください。

報道提供資料

別紙

前のページ
一覧表示