瀬戸内アートネットワーク

個性的なアート拠点が点在する香川県において、施設間の連携を図ることを目的に6つの文化施設とベネッセアートサイト直島が参加する
瀬戸内アートネットワーク。瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、作品鑑賞パスポートの提示でお得な入館割引が受けられます。
瀬戸内国際芸術祭会期中は連携企画も用意されているので、芸術祭会期に併せて訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 香川県立ミュージアム

    歴史博物館と美術館の機能を併せもつ総合的なミュージアム。JR高松駅、高松港近くに位置。展示・普及・調査研究などの活動を通じて、香川県の文化拠点として幅広い活動を行う。

    香川県高松市玉藻町5-5 www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum TEL.087-822-0002
  • 香川県立東山魁夷せとうち美術館

    日本画家・東山魁夷の版画作品を中心に所蔵する美術館。魁夷の祖父が生まれた櫃石島(ひついしじま・坂出市)と瀬戸大橋を望み、海側に大きく開けたカフェから瀬戸内の大パノラマを眺望できる。建物の設計は谷口吉生。

    香川県坂出市沙弥島字南通224-13 www.pref.kagawa.lg.jp/higashiyama/ TEL.0877-44-1333
  • 高松市美術館

    国内外の現代美術や香川の漆芸・金工など1,600点以上をコレクションし、常設展で公開。近現代美術から工芸、サブカルチャーまで多彩な特別展を開催。リニューアルにより展示室やカフェが一新、「こども+(プラス)」など新しい施設も登場。開館、閉館のお知らせの音楽は、現代音楽家・三輪眞弘さん作曲による、讃岐名石「サヌカイト」で演奏された楽曲。約2分間のユニークな音楽は必聴。

    香川県高松市紺屋町10-4 www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/ TEL.087-823-1711
  • Photo : Tadasu Yamamoto

    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

    改修工事のため休館中
    [2020年3月31日まで(予定)]

    丸亀市ゆかりの画家、猪熊弦一郎の全面的な協力のもと開館。約2万点に及ぶ猪熊作品を所蔵し常設展示で公開。「美術館は心の病院」という猪熊の考えを軸に、気軽に訪れ、心を癒し、新しい世界と出会う場となるよう、駅前立地や谷口吉生設計の開放的な空間、現代美術の特別展などを特徴とする。

    香川県丸亀市浜町80-1 www.mimoca.org TEL.0877-24-7755
  • 金刀比羅宮文化ゾーン

    日本洋画の先駆者、高橋由一の油絵27点を常設展示する『高橋由一館』、実物観賞が可能な円山応挙作品の中で最大の空間である『表書院』、重要文化財「十一面観音立像」や「三十六歌仙額」を常設展示する『宝物館』の3施設がある。

    香川県仲多度郡琴平町892-1 www.konpira.or.jp TEL.0877-75-2121
  • 四国村

    四季の花と自然に囲まれて、江戸から大正期の古民家や建築物を散策しながら、先人の工夫と知恵に満ちた日本の暮らしや風習文化を体感できる野外博物館。安藤忠雄設計のギャラリーにも注目。

    香川県高松市屋島中町91 www.shikokumura.or.jp TEL.087-843-3111