一覧ページへ戻る

長谷川祐子

はせがわゆうこ

日本

京都大学法学部卒業、東京藝術大学大学院修了。金沢21世紀美術館を立ち上げ、現在東京都現代美術館参事、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。上海ロックバンド美術館アドバイザリー委員。犬島「家プロジェクト」アーティスティックディレクター。最近の展覧会は、New Sensorium(ZKM)、Kishio Suga Situations(Pirelli HangarBicocca, Milan)(いずれも2016年)。2017年10月よりポンピドゥ・センタ―・メッスにて、'Japanorama: NEW VISION ON ART SINCE 1970'をキュレーション。第7回モスクワ現代美術国際ビエンナーレ:Clouds ⇄ Forestsキュレーター。 2018年フランス パリにてジャポニスム2018の一環として「深みへ-日本の美意識を求めて」をキュレーション。