ISLAND INDEX

(C) Francis Latreille

(C) Francis Latreille

  •  
  •  

TARA たら

作品No. aw03

TARA

プロジェクト最高責任者のエティエンヌ・ブルゴワは、「環境の脆さについて人々に関心を持って欲しい。タラ号の科学ミッションは、海洋と気候、海洋と海洋生物多様性、海洋と人間、の3つを中心に組み立てられている。」と考える。
そのミッションのため、タラ号に乗った科学者と乗組員たちは極地から極地へと航海に繰り出し、船に搭載されたテクノロジーと最新鋭の実験室を駆使して、海洋に関する知識を深めてきた。
40ヶ国から350名が1800日に及ぶ航海の間タラ号に乗船し、70の研究所や科学機関が関わってきた。タラ号は約50ヶ国の国を訪れ、80回近く寄港した。プロジェクト毎に、10名余りの科学者たちが乗船し、その活動を表現するアーティストは35名に及ぶ。
そんなタラ号が世界中で実施している活動の画像、ビデオ、アートを展示する。

作品情報

作品情報 粟島・粟島中心部
備  考

同エリア内の作品

粟島中心部

その他