アーカイブ

2019.01.28 2月10日(日)ART SETOUCHIイベント「島のお誕生会」開催




瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、3年ごとに「瀬戸内国際芸術祭」を開催し、その間の年には、アートを通して地域の活力を取り戻し、再生を目指す活動である「ART SETOUCHI」に取り組んでいます。
この「ART SETOUCHI」のイベントとして2019年2月10日(日)、豊島で「島のお誕生会」を開催します。島民と来場者の交流の場として月に1度開催し、その月に誕生日を迎える人を祝うイベントです。
今回の島のお誕生会は、「宇野港からこんにちは!古典狂言で大笑い!」と題して、玉野市から、玉野しおさい狂言会のみなさんがやってきます。
演目は「濯ぎ川(すすぎがわ)」。嫁姑と追い使われる入り婿のコミカルな攻防戦に島民の方や来訪者が大笑いすることは必至です。ぜひ会場にお越しください。


日 時|2019年2月10日(日)14:00~15:00
場 所|唐櫃公堂(香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃822-1)
参加費|無料(事前申込不要)
演目概要|
毎日、嫁と姑に追い使われる養子の男、この日も裏の川に洗濯に行けと言いつけられます。その後も、やれ蕎麦を打て、やれ水を汲めと次々に用事を言いつけられ、男は「用事を忘れぬよう、紙に書きつけてくれ」と言い出します。すると・・・!?


【玉野しおさい狂言会】
2009年から玉野市のルーツ産業である製塩の歴史・文化を、狂言という伝統芸能表現を用いて、笑いながら学び、笑いながら伝える活動を続けている。これまで、玉野の製塩にゆかりの深い「野(の)﨑(ざき)武(ぶ)左(ざ)衛門(えもん)」、「しおさとの舟造り(ふねづくり)」、「枝条架(しじょうか)物語(ものがたり)」等の創作狂言を演じる傍ら、古典の狂言にも挑戦。会員8名。指導は笠岡の狂言師・田賀屋夙生(たがやはやお)師。

前のページ
一覧表示
次のページ