ISLAND INDEX

Languages

  •  
  •  

栗林隆 くりばやしたかし

作品No. ib05

伊吹の樹

出部屋で生まれ変わる

伊吹島には出産前後を女性だけで集団生活し、家事から解放され養生する風習があり、その場所を出部屋(でべや)と呼んでいた。生命の誕生の場である出部屋の跡地に、作家は生命の樹を植える。横たわった大きな生命の樹は子宮を表し、地面と樹との空間をすり抜けることは母体からこの世界に出ることを意味する。
本作のほか、手づくり屋台を使った「ヤタイトリップ」プロジェクトとしてインドネシアの食の提供などのアイデアも準備中。

作品情報

作品情報 伊吹島・伊吹島中心部
開館時間 8:50-16:40
休 業 日 会期中無休
料  金 300円
備  考

同エリア内の作品

伊吹島中心部