アーカイブ

2019.01.11 瀬戸内国際芸術祭2019がアメリカとイギリスのメディアに掲載されました

米紙ニューヨークタイムズのオンラインサイトの「52 Places to Go in 2019(2019年に行くべき52カ所)」の7番目に”Setouchi Islands”が選ばれ、今年開催される瀬戸内国際芸術祭2019をはじめ、瀬戸内の魅力が紹介されています。
また、英紙The Guardianに父母ヶ浜が取り上げられ、その中で今年、瀬戸内国際芸術祭2019が開催されることが紹介されていますのでお知らせします。
※本メディアをはじめとした欧米メディアに対して、せとうちDMOがPR活動を行っています。


●「ニューヨークタイムズ」
・媒体概要|米国で2番目の発行部数を誇る大手新聞。ピューリッツァー賞(米国の新聞、雑誌、報道、文学の功績に対して与えられる賞)を数多く受賞している。
・掲載内容|
https://www.nytimes.com/interactive/2019/travel/places-to-visit.html


●「The Guardian」
・媒体概要|英国の大手新聞The Guardianのオンラインサイトは世界で毎月6,200万人に読まれている。これはワシントンポストやLAタイムズを抜いて、新聞社の中では世界で3番目にあたる。
・掲載内容|
https://www.theguardian.com/travel/2018/nov/16/the-japanese-beach-that-became-an-instagram-sensation

2019.01.08 1月13日(日)ART SETOUCHIイベント「島のお誕生会」開催 ~お正月に楽しもう!プロの紙芝居師による日本の独自文化「紙芝居」~

瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、3年ごとに「瀬戸内国際芸術祭」を開催し、その間の年には、アートを通して地域の活力を取り戻し、再生を目指す活動である「ART SETOUCHI」に取り組んでいます。
この「ART SETOUCHI」のイベントとして2019年1月13日(日)、豊島で「島のお誕生会」を開催します。島民と来場者の交流の場として月に1度開催し、その月に誕生日を迎える人を祝うイベントです。

今年最初の島のお誕生会は、「お正月に楽しもう!プロの紙芝居師による日本の独自文化 紙芝居」と題して、「紙芝居師なっちゃん」としてメディアでも話題の中谷奈津子(なかたになつこ)さんをお招きして紙芝居パフォーマンスを披露してもらいます。自作イラスト、打楽器を駆使した楽しい紙芝居は子供だけでなく大人も楽しめること間違いなし!島のお誕生会のために特別に用意してもらった手作り紙芝居をはじめ、お正月にぴったりなクイズ形式の紙芝居など内容盛りだくさん!お子さんやお孫さんとぜひ楽しんでください。


日 時|
2019年1月13日(日)14:00~15:00
場 所|
ゲストハウスmamma隣接の旧豊島神愛館本館1階
(香川県小豆郡土庄町豊島家浦43-1)
参加費|
無料(事前申込不要)


中谷奈津子
鎌倉を拠点に、紙芝居で全国各地に笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃん。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や「古事記紙芝居」の47都道府県興業ツアーに向けて日々精進中。いしかわ観光特使、第2回ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。

2018.12.26 瀬戸内国際芸術祭2019がイギリス及びアメリカのメディアに掲載されました


イギリス内で最も影響力のある旅行雑誌「National Geographic Traveller」(UK版)に、2019年に注目する旅行場所の一番目に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的の一つとして、来年4月26日から開催する瀬戸内国際芸術祭2019が紹介されています。
また、米国大手旅行誌「Condé Nast Traveler」に、2019年に訪れるのが良い場所として日本が挙げられ、その中で瀬戸内国際芸術祭2019が紹介されていますのでお知らせします。


●「National Geographic Traveller」(UK版)

媒体概要|
「人とは違った旅」「従来の旅ガイドではあまり紹介されてこなかった旅」を望む人たちに、究極の「新しい旅」のアイデアを提供する米国大手旅行雑誌のUK版。年間10冊発行される同雑誌は、英国内で最も影響力のある旅行雑誌と認知され、2014・2015・2017年にはブリティッシュ・トラベル・アワードのベスト旅行雑誌賞を受賞。
2010年から出版し始め、世界21か国/17言語に翻訳され、世界中で購読されています。

掲載内容|
2019年に注目する旅行場所「The Cool List 2019」の一番目に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的の一つとして、瀬戸内国際芸術祭2019が紹介されています。


●「Condé Nast Traveler

媒体概要|
平均世帯年収約10万ドルの高所得者を中心とした読者を持つ米国大手旅行誌の一つ。高品質の旅行、ホテル、レストラン、買い物などに関する最新情報を掲載し、月刊発行部数は約81万部。「TRAVEL+ LEISURE」や「National Geographic Traveller」と並び北米富裕層をターゲットとした米国有名旅行雑誌の一つ。

掲載内容|
2019年に訪れるのが良い場所「The 19 Best Places to Go in 2019」として日本が選定され、その中で瀬戸内国際芸術祭2019が紹介されています。

2018.12.10 瀬戸内国際芸術祭2019がアメリカのメディアに掲載されました



アメリカの大手旅行メディアの「Fodor's」とアメリカの富裕層向け雑誌「ARCHITECTURAL DIGEST」に、2019年に行くべき旅の目的地として日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、来年4月26日から開催する瀬戸内国際芸術祭2019が挙げられましたので、お知らせします。


●「Fodor's」
・媒体概要|アメリカの大手旅行メディア。オンラインサイトはユーザーが5百万人/月、2500万PV/月を誇る媒体。
・掲載内容|2019年に行くべきディスティネーションTOP52の第13位に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、瀬戸内国際芸術祭が挙げられています。
https://www.fodors.com/news/photos/fodors-go-list-2019




●「ARCHITECTURAL DIGEST」
・媒体概要|アメリカの代表的なインテリア雑誌。全米の豪邸の紹介や、ヨーロッパやアジアのリゾート地やアートを紹介し、富裕層向けの情報を発信する媒体。
・掲載内容|2019年に行くべきディスティネーションTOP20の第8位に、日本で唯一「瀬戸内」が選定され、その目的として、瀬戸内国際芸術祭が挙げられています。
https://www.architecturaldigest.com/story/setouchi-japan-design-travel-guide

2018.12.05 12 月 16 日(日)ART SETOUCHI イベント「島のお誕生会」開催 ~師走にやってみよう!しめ縄づくり~


瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、3年ごとに「瀬戸内国際芸術祭」 を開催し、その間の年には、アートを通して地域の活力を取り戻し、再生を目指す活動である「ART SETOUCHI」に取り組んでいます。
この「ART SETOUCHI」のイベントとして 2018 年 12 月 16 日(日)、豊島で「島のお誕生会」を 開催します。島民と来場者の交流の場として月に 1 度開催し、その月に誕生日を迎える人を祝うイベ ントです。


今年最後の島のお誕生会は、「師走にやってみよう!しめ縄づくり」と題して、お正月に迎える年神 様を祀るためのしめ縄づくりにチャレンジします。先生として、しめ縄づくり歴約40年、豊島生ま れの石井栄一(いしいえいいち)さん等島民の方々をお迎えします。石井さんの手にかかるとワラも 立派なしめ縄に!ワラの扱い方、形の整え方、飾り方などいろいろ教えてくれます。しめ縄づくりの 名人に教えてもらいながら、自分だけの手作りしめ縄を作りましょう。


【「島のお誕生会」概要】
日 時|
2018 年 12 月 16 日(日)14:00~15:00
場 所|
唐櫃公堂(香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃 822-1) 参加費|無料(事前申込不要)
※必要な材料、道具は準備しておりますので、作業のできる格好で参加してください。

前のページ
一覧表示