一覧ページへ戻る

土井満治

どいみつはる

日本

2008年 広島市立大学芸術学研究科博士後期課程彫刻領域 満期退学。現在 彫刻家/広島市立大学芸術学部彫刻専攻非常勤特任教員。石彫を中心に、造形に多様な文脈や物語やスケールを纏わせながら、時間的な広がりをもつ表現の研究を行っている。

【主な作品・展覧会など】
2018 大分アジア現代彫刻展2018(朝倉文夫記念館、大分)、日日匍匐(泉美術館、広島)
2016 瀬戸内国際芸術祭2016(小豆島、香川)
2015 人の場を求めて Places We Seek(旧日本銀行広島支店、広島)
2015 三都半島アートプロジェクト≪潮耳荘≫(小豆島、香川)