アーカイブ

2018.10.19 旅する蝶が舞い降りる、伊吹島

せとうちのしおり♯19


渡り鳥のように、長距離を旅する蝶がいます。
名はアサギマダラ。アゲハ蝶より少し小さく、体長は10センチほどです。
名の示すように、羽は黒褐色と、浅葱(あさぎ)色という、ごく薄い藍色のまだら模様。
春は北上、秋になると南下する渡りを繰り返し、移動…

MORE

2018.10.12 岩ちゃんと「オリーブのリーゼント」

せとうちのしおり♯18


小豆島には明治時代に建てられた醤油蔵や佃煮工場が軒を連ねる「醤の郷(ひしおのさと)」と呼ばれている地域があります。
香ばしい醤油の香りと美しい町並みを楽しみながら、坂道を歩くこと数分。
オリーブ畑の中に見えてきたのは、「オリーブのリーゼント」(清水久和)…

MORE

2018.10.05 【てくてく島さんぽ】船の待ち時間を利用して、宇野のアートと歴史を歩く

せとうちのしおり#17

香川、岡山の12の島と2つの港で開催される瀬戸内国際芸術祭。
そのひとつである岡山県の宇野港は、JR宇野駅から徒歩約5分。
直島や豊島、小豆島など、芸術祭の舞台となる島々に向かうフェリーが発着する港としても知られています。


「宇野駅や宇野港…

MORE

2018.09.28 【瀬戸内歴史探検隊】資料館で学ぶ、イリコの島の歴史

せとうちのしおり#16


伊吹島の名前の由来をご存知ですか?
一説によると、島の海底から泡がぶくぶく吹き出ていたことに由来し、大地が息を吹いている「息吹きの島」が訛って「伊吹島」になったといわれています。


「伊吹島は海底火山の島なんです」
海上タクシーの運転手をしなが…

MORE

2018.09.21 【島の写真館】男木島、女木島の大祭り

せとうちのしおり♯15


高松港の沖合約4kmに浮かぶ女木島と、そのさらに1kmほど沖合で隣り合う男木島。ふたつの島は同じフェリーで結ばれています。
江戸時代、女木島と男木島、両島の北西に位置する直島の3島は、「直島」または「直島三ヶ島」と呼ばれていました。
このうち男木島と女木島の2島…

MORE

BACK
一覧表示