CALENDAR

ワークショップ

親子サッカー直島カップ

「あれもアート?これもアート?」のコンセプトのもと「親子サッカー直島カップ」を開催します。
豪雪地帯で有名な新潟県越後妻有を拠点に、農業をしながらなでしこリーグを目指す女子サッカーチーム「FC越後妻有」の選手や監督と親子でサッカーを楽しみます。


【「親子サッカー直島カップ」概要】
日  時|
2018年11月18日(日)10:00~15:30(受付9:30より)
スケジュール|
10:00~12:00 U-12サッカー教室
12:00~13:00 おにぎりタイム(昼食)
13:00~15:30 直島カップ2018

対象年齢|
小学生対象

参加方法|※要事前申し込み
①FAXで申し込む
別添チラシ申込用紙に記入の上、FAX(087-813-1742/こえび隊事務局)まで送信ください。
②フォームで申し込む
こえび隊ホームページ内にある申込フォームからお申込みください。http://www.koebi.jp

「親子サッカー直島カップ」チラシ

イベント情報EVENT INFORMATION

詳細情報
場 所
直島・その他
開催日
11.18/SUN
時 間
10:00~15:30(受付9:30より)
料  金 無料
備  考 場  所|
直島町民グランド
アーティスト|
農業×サッカー女子「FC越後妻有」
ゲスト|
元サッカー日本女子代表
内山 環・川上 直子


●「FC越後妻有」とは?農業×サッカー
「FC越後妻有」は、“サッカー”と“農業”で、なでしこリーグをめざす女子サッカーチーム。小学校の廃校を再生活用した〈奴奈川キャンパス〉を拠点に、高齢化や過疎化で担い手のいなくなった400~500年もの歴史のある棚田を借り受け、米づくり、伝統・文化・景観の継承というミッションをこなしながら、なでしこリーグへの参戦を目標に、サッカーはセミプロとして活動。越後妻有―「えちごつまり」とよばれるこの地域は、新潟県十日町市・津南町の世界最大級の国際芸術祭〈大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ〉の舞台。3年に1度国際芸術祭が開催されるが、FC越後妻有も芸術祭の一環としてスタートした。