CALENDAR

直島女文楽 なおしまおんなぶんらく

伝統芸能

薫風の舞

江戸時代天領の地であった直島は古くから芸能が盛んに行われ「直島女文楽」はその代表的なもの。今のように人形の使い手が女性だけになったのは昭和23年以降。一度は下火になりかけていた文楽熱を女性3人の手により再興。昭和30年に県無形文化財となり、現在も県無形民俗文化財として受け継がれている。「寿式二人三番叟」と「傾城阿波の鳴門順礼歌の段」を上演。ゲストの箏と尺八の女性デュオ「五二三」の演奏が花を添える。

イベント情報

詳細情報
エリア
直島・本村
場 所
直島ホール
開催日
05.18/SAT
時 間
14:30-16:00(開場14:00)
料  金 前売り¥1,000
当日¥1,500
パスポート割引¥1,300
小中高¥800(前売り・当日とも)
備  考 オンラインチケット
peatix:https://setouchi2019event-e01.peatix.com/
イープラス:https://eplus.jp/sf/detail/2910000001-P0030001P021001?P1=1221


[出演]直島女文楽、五二三(ゲスト)