アーカイブ

2019.11.08 企業・団体ボランティアサポーター活動日記 03

瀬戸内国際芸術祭2019に「企業・団体ボランティアサポーター」としてご協力いただいた企業の活動をご紹介します。

今回は「三菱電機グループ」の担当者様にご執筆いただきました。


。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。・*:.。. 。o○。o○゚・*:.。…

MORE

2019.10.20 観音寺総合高校の生徒が「うららの伊吹島弁当」づくりをお手伝いしています


週末になると、市内の観音寺総合高校の生徒たちが伊吹島に渡っています。
週末にはお客さまが増えるので、うららの台所ではいつもよりたくさんのお弁当を準備していますが、島のお母さんたちを気遣い、手伝いに来ているのです。

島のお母さんたちは、手際よく次々と…

MORE

2019.10.19 小豆島中央高校の生徒が、草壁港で観光や作品の案内を英語で行いました。


草壁港には、中国の作家、シャン・ヤンの作品sd20「辿り着く向こう岸―シャン・ヤンの航海企画展」があります。

作品に込められた作家の思いやコンセプトについて、国外から来られたお客さま方に知ってもらうため、地元の高校に通う4名の生徒が、英語でガイドに挑戦しました。

MORE

2019.10.18 【フラムコラム11】瀬戸内国際芸術祭と世界のつながり

秋会期から公開になった作品をチェックすべく西の島を巡っています。
伊吹島では、インドネシア関連の3組のアーティスト(栗林隆、メラ・ヤルスマ+ニンディティヨ・アルディプルノモ、エコ・ヌグロホ)が作品を展開していて、ベトナムのディン・Q・レとリチャード・ストライトマター…

MORE

2019.10.16 伊吹島と粟島を1日で巡る!モデルコース(公共交通機関編)


秋会期を満喫したい方におすすめ!
伊吹島と粟島を1日で巡るモデルコースをご紹介します。
本ページは公共交通機関で移動される方向けのページです。

※自家用車・レンタカーの方はこちらをご覧ください。


「伊吹島って遠いんじゃないの?」
「電車やバスをどう乗…

MORE

前のページ
一覧表示