アーカイブ

2019.03.19 瀬戸内国際芸術祭2019参加作品「大切な貨物」 出演女優リヴ・ウルマン来日記念作品発表会等を開催します

瀬戸内国際芸術祭2019において、ハンセン病の療養所がある大島をテーマとした映像作品とライブパフォーマンス「大切な貨物」を公開します。
この作品に出演する女優リヴ・ウルマンの来日を記念して、制作と演出を手掛けるアーティスト クリスティアン・バスティアンスと北川フラム総合ディレクターの出席のもと、作品の記者発表会及びレセプションをオランダ王国大使館において開催しますのでお知らせします。


記者発表会&レセプション概要
日時|
平成31年4月12日(金)
15:00 開場
15:30 記者発表会
17:00 レセプション
18:00 終了(予定)

会場|
オランダ王国大使館大使公邸(東京都港区芝公園三丁目6-3)

出席者|
リヴ・ウルマン(女優)
クリスティアン・バスティアンス(アーティスト)
北川フラム(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)

主催|
瀬戸内国際芸術祭実行委員会、オランダ王国大使館


取材のお申込み
取材をしていただける場合は、下記連絡先まで取材申込のご連絡をお願いいたします。


取材申込・問合せ先
株式会社アートフロントギャラリー
担当:鶴谷、前田(礼)、宮原
電話:03-3476-4868
メールアドレス:artfront@artfront.co.jp
※お名前・ご所属・取材人数を記載のうえ、電話・メールでお申し込みください。

「大切な貨物」記者発表提供資料

2019.03.18 瀬戸内国際芸術祭2019パートナー アサヒビール株式会社 四国統括本部長が知事を訪問

アサヒビール株式会社には、瀬戸内国際芸術祭の趣旨にご賛同いただき、「瀬戸内国際芸術祭2019パートナー」として、瀬戸内国際芸術祭2019の開催に多大なご支援をいただいております。
この度、アサヒビール株式会社四国統括本部長の中村 哲三 様が、瀬戸内国際芸術祭を応援する取り組みを紹介するため知事を訪問されます。取り組みの詳細については、アサヒビール株式会社からニュースリリースが配信されます。


日 時|
平成31年3月27日(水) 13:30~14:00
場 所|
香川県庁本館11階 知事第一応接室
出席者|
アサヒビール株式会社四国統括本部 
本部長 中村(なかむら) 哲三(のりかず) 様
アサヒビール株式会社高松支社
支社長 山田(やまだ) 孝史(たかふみ) 様
アサヒビール株式会社四国統括本部
営業企画部 部長 北村(きたむら) 宏之(ひろゆき) 様

瀬戸内国際芸術祭実行委員会会長(香川県知事)浜田 恵造


瀬戸内国際芸術祭2019パートナーとは
瀬戸内国際芸術祭の趣旨に賛同して、自社のメセナやCSR活動に位置付けるなど瀬戸内国際芸術祭の活動を継続して支援する意向を有し、瀬戸内国際芸術祭 2019に一定金額以上の協賛をしていただける企業・団体等を「瀬戸内国際芸術祭2019パートナー」と呼称するとともに、緊密な関係を構築させていただいております。

2019.03.13 瀬戸内国際芸術祭2019開幕直前企画 安藤忠雄講演会「芸術の力」を開催します。

瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)では、芸術祭の開幕前のプロモーションとして、建築家 安藤忠雄氏の講演会を下記のとおり開催します。
安藤氏のこれまでの活動を踏まえ、「芸術の力」をテーマにお話いただきます。また、講演会の前後には、ご本人による書籍販売サイン会を実施します。


【安藤忠雄講演会「芸術の力」】
日時|平成31年3月31日(日) 13:30~14:35
会場|レクザムホール 小ホール棟5階 多目的大会議室「玉藻」
(香川県県民ホール:高松市玉藻町9-10)
料金|無料
主催|瀬戸内国際芸術祭実行委員会
後援|一般社団法人香川県建築士会
スケジュール|13:00 開場
13:00-13:30 書籍販売サイン会 
13:30-14:35 講演会 
14:35-14:50 書籍販売サイン会 


※講演会の前後で、同会場ロビーにて書籍をご購入いただいた方へ、安藤氏によるサイン会が行われます。
申込|参加の申し込みは、瀬戸内国際芸術祭ウェブサイト掲載のチラシ裏面の申込書等により、氏名、住所、連絡先を記載のうえ、FAXでお送りください。
申込締切|2019年3月25日(月)【必着】 


※先着順で受け付け、申し込み多数でご入場いただけない場合のみ、3月26日までにご連絡します。
申し込み先|瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局(香川県瀬戸内国際芸術祭推進課内)
FAX 087-813-0858


※講演会後、14:40(予定)から、同会場にて引き続きNPO法人瀬戸内こえびネットワーク主催によるこえびミーティング(瀬戸内国際芸術祭のボランティアサポーターの活動内容説明会)が行われます。

●安藤忠雄氏(建築家) Tadao Ando
1941年大阪市生まれ。独学で建築を学び、1969 年安藤忠雄建築研究所を設立した。代表作に「六甲の集合住宅」「光の教会」など。県内には「ベネッセハウス」、「地中美術館」、「ANDO MUSEUM」
(直島町)、「四国村ギャラリー」(高松市)などがある。1995 年プリツカー賞、2010年文化勲章など
受賞歴多数。

【報道提供資料】

【別添資料1】安藤忠雄講演会チラシ

2019.03.06 「瀬戸内国際芸術祭2019」参加アーティスト発表

平成31年3月5日(火) に、東京で開催した「瀬戸内国際芸術祭2019 開幕直前展」初日企画において、瀬戸内国際芸術祭2019に参加するアーティストの発表を行いましたので、別添「瀬戸内国際芸術祭2019参加作家・プロジェクト」のとおり資料を提供します。

内容は、平成30年10月30日(火)に開催した「瀬戸内国際芸術祭実行委員会第24回総会」において発表した「参加作家・プロジェクト」について、作家の追加や作品設置場所の一部変更を行うとともに、新作の作品名や設置場所、公開会期等、総会後に決定した事項を追記したものです。
なお、主な作品のイメージ及び春会期のイベント概要については別添の資料・瀬戸内国際芸術祭2019の概要及び春会期のパフォーミングアーツ・イベントプログラムのパンフレットをご覧ください。

【報道提供資料】瀬戸内国際芸術祭2019作家発表

【別添資料1】瀬戸内国際芸術祭2019参加作家・プロジェクト

【別添資料2】20190305 開幕直前発表会資料

【参考パンフレット】瀬戸内国際芸術祭2019リーフレット(3月5日)

【参考パンフレット】瀬戸内国際芸術祭2019パフォーフォーミングアーツ春

2019.02.28 瀬戸内国際芸術祭2019オフィシャルツアー ツアーガイド フォローアップ研修を実施します

瀬戸内国際芸術祭2019では、新たな試みとして、作品鑑賞のみならず、芸術祭の開催趣旨やこれまでの取組みの成果について理解し、より深く芸術祭の魅力や瀬戸内の「食」を楽しんでいただく予約制のガイド付きツアー「オフィシャルツアー」を実施します。
今回、このオフィシャルツアーにガイドとしてご参加いただく方を対象に、芸術祭の概要のほか、新規作品の内容やツアーコースを学んでいただく、フォローアップ研修を下記のとおり実施しますのでお知らせします。

詳細は添付資料をご確認ください。

オフィシャルツアーガイド_フォローアップ研修

前のページ
一覧表示