アーカイブ

2019.08.27 瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト『ソコソコ想像所』海底遺物に関する情報をお寄せください



瀬戸内国際芸術祭実行委員会(会長:浜田恵造香川県知事)は、秋会期に粟島で展開する作品 aw01「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト『ソコソコ想像所』」(日比野 克彦)の中に展示している海底遺物(蛸壺、動物の骨など)の一部を入れ替えるため、海底遺物についての情報提供をお願いしています。


寄せられた情報の中から、日比野氏が選定したものは、実際に作品内に展示されるかもしれません。


1)募集する情報
・海の底から引きあげられたり、浜辺に打ち上げられたりした物についての情報
・その物を持っている人、または、持っている人を知っている人からの情報

2)情報提供の方法
以下の応募フォームから情報を入力してください。
https://forms.gle/gokYzz7JZGanhKgH9

3)締切
令和元(2019)年9月22日(日)
 

※詳細は別添のチラシをご覧ください。




瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト
日比野克彦が2010年にスタートしたプロジェクト。2013年から粟島を中心に展開しており、同年には、粟島海洋記念館に「ソコソコ想像所」を開設し、海底探査美術館「一昨日丸」を制作した。2016年には、西浜地区に「Re-ing-A(レインガ)」を制作した。
プロジェクトの拠点《ソコソコ想像所》では、海底から引き揚げられたものを見て、海の中に思いを巡らせることができる。

ソコソコ想像所チラシ

2019.08.20 「そらあみ<島巡り>」(五十嵐靖晃)の作品制作が始まります

7月30日(火)に発表した、瀬戸内国際芸術祭2019参加作家の五十嵐靖晃(いがらしやすあき)氏の「そらあみ<島巡り>ワークショップ」について、下記のとおり追加・変更しましたのでお知らせします。


詳細は添付資料をご確認ください。

報道提供資料

2019.08.15 台風10号の通過に伴う作品・施設の 8月16日の公開について

台風10号の通過に伴う高松地方気象台の台風情報等を踏まえ、一部(下記「例外となる作品・施設」参照)を除き、8月16日12時(大島は12時30分)から作品・施設を公開しますのでお知らせします。


公開は、作品の被害状況等を確認した上で行います。
また、台風等の状況により予定は変更になることがありますので、作品・施設並びにイベントごとの詳細は公式ウェブサイトの緊急情報等で随時お知らせいたします。公開休止中は大変危険ですので作品には近づかないようお願いします。




別添「ベネッセアートサイト直島 作品・施設一覧」については、ベネッセアートサイト直島のウェブサイトにて休止・公開状況をご確認ください。


te04「ウミトタ」についてはウミトタのウェブサイトをご確認ください。


※tk05(高松市立市民プール)、tk18(あじ竜王山公園)は、高松市に気象警報が出されていなければ通常公開です。


tk15(四国村)は、四国村のウェブサイトをご確認ください。

ベネッセアートサイト直島 作品・施設一覧

2019.08.13 台風10号の接近に伴う瀬⼾内国際芸術祭2019 の作品・施設の 8月14 日午後、15 日の公開休止について

台風10号の接近に伴い、高松地方気象台の台風情報等を踏まえ、8月14 日午後、15日(終日)は作品の公開休止及び施設を閉館致しますのでお知らせします。各島の具体的な休止予定は添付資料をご確認ください。

台風10号の接近に伴う作品・施設の公開休止について

Due to the approaching Typhoon #10, artworks and Facilities will be closed

2019.08.07 8月13日、高松港公式ショップ「海の市場」の営業時間を2時間延長します

瀬戸内国際芸術祭実行委員会は、瀬戸内国際芸術祭2019(以下、芸術祭)の会期中、芸術祭の公式グッズをはじめ香川・瀬戸内のこだわりの逸品を揃えた芸術祭公式ショップを高松港と宮浦港(直島)に開設しています。
この度、「第54回さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松」の開催に合わせて、令和元年(2019年)8月13日(火曜日)に限り、高松港公式ショップ「海の市場」の営業時間を次のとおり延長しますので、お知らせします。


高松港公式ショップ「海の市場
場  所|
高松市サンポート1番1号 高松港旅客ターミナルビル1階


営業時間|
通常営業 9:00―20:00
8月13日のみ 9:00―22:00


※荒天等の理由により、花火大会が中止となった場合、営業時間は延長いたしません。

前のページ
一覧表示
次のページ