アーカイブ

2019.05.15 「島の中の小さなお店」プロジェクト 的屋 ワークショップ

女木島の『「島の中の小さなお店」プロジェクト 的屋』を展開するアーティスト、長谷川仁によるワークショップを開催します。


※事前申込は不要、先着順。定員に到達次第、受付を締め切ります。
※参加費とは別に、作品鑑賞料600円(mg07-mg12の6作品をあわせた料金)もしくは作品鑑賞パスポートのご提示が必要です。


島ネコお面作りワークショップ
周辺を散策し島ネコの写真を撮影、そのネコをモデルに「張り子」のお面にペイントします。


日時
2019年5月25、26日(両日)10:30-11:30

参加費
1,000円

定員
4名

     


お守り作りワークショップ
海岸に貝や石ころ等拾いに行って、お気に入りのアイテムを見つけます。それらを持ち帰り、ペイントして完成させましょう。


日時
2019年5月25、26日(両日)14:30-15:30

参加費
700円

定員
4名

2019.05.10 大島「{つながりの家}カフェ・シヨル」



Photo:Shintaro Miyawaki


大島産の果物をふんだんに使ったドリンクやスイーツが、大島の土で焼いた器で味わえる、入所者の方も訪れる作品「{つながりの家}カフェ・シヨル」。
とてもやさしい空間でホッと一息つくことができます。


カフェ運営=NPO法人瀬戸内こえびネットワーク
協力=まちのシューレ963


営業時間
10:30-15:00(ラストオーダー14:30)
月曜日から金曜日はお休み

メニュー
・コーヒー(HOT/ICE)
・紅茶(HOT/ICE)
・ろっぽうやき  等

※ドリンクとスイーツのみ取り扱っています。お食事のご用意はありませんのでご注意ください。


ろっぽうやき
「ろっぽうやき」は、かつて多くの方が大島に暮らしていた時代に、入所者の方々が作っていたというお菓子です。
いまは、そのレシピを再現して、豊島の島キッチンで手作りしたものを提供しています。

また、食器は、瀬戸内国際芸術祭ボランティアサポーター こえび隊が、大島の土を使って手作りした「大島焼」です。




2019.05.10 たまのの「たまべん」

瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、宇野港案内所で、たまのの「たまべん」を販売します!
無添加調味料のワークショップや無添加のお弁当など「ごはんで笑顔をつくる」をテーマに活動中のフードクリエイターで、「bento HATOBA」代表の、たがみまきさんによる無添加のお弁当。
地元玉野のおいしいものと瀬戸内の幸をふんだんに詰め込み、玉野の「玉」からイメージしておかずもお弁当箱もすべて丸い形状に。移動中や屋外でもつまみやすいお弁当です。瀬戸内国際芸術祭を訪れる観光客の方々とのご縁(円)に感謝するという意味も込めました。
心をこめてお弁当をつくり、「楽しい旅へ行ってらっしゃい!」の声掛けをすることで観光客のおもてなしをします。


【販売場所】
宇野港案内所
数量限定で、豊島(島キッチン等)でも販売(詳細は未定)
【販売時間】
8:00~11:00
【価格】
850円(税込)
【メニュー】
たこめしおにぎり/雑穀菜めし/穴きゅうロール/がんもと生椎茸の含め煮/オリーブ夢豚とたけのこの焼売/島ピクルス(EAT&ART TARO監修)/紫芋ときびのきんとん 等(予定)
【休み】
直島の休島日に準じる
【問合せ】
bento HATOBA
0863-33-9883

2019.05.10 女木島「島の中の小さなお店」プロジェクト Café de la Plage/カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ




女木島「島の中の小さなお店」プロジェクト Café de la Plage/カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ(ヴェロニク・ジュマール)は、飲み物を片手に、本を読んだり、語り合ったりできる作品です。コーヒーや軽食を楽しむことができます。


お店の中の机や壁には、面白い仕掛けがあります!
テーブルや壁に、ぜひ、手を触れてみてください。
すると…





温度によって、色が変わります!

人の体温や日差し、飲み物の温度などによって、それに触れている場所の色が変わっていきます。

決して2度はない、そのときだけの模様、そのときだけの空間をぜひお楽しみください。


メニュー
・ドリンク 300円~
・デザート 300円~(ドリンクセットは600円~)
・ランチ(ドリンク付き) 1,000円~


営業時間
10:00-16:30
会期中無休(ただし、水曜日はお休み)

2019.05.10 「豊島鮮魚」のお弁当


※「豊島鮮魚」のお弁当は、現在諸事情により、提供を見合わせております。再開に関する情報は、決定次第、公式ウェブサイトでお知らせします。なお、「豊島鮮魚」の営業は通常どおり行っております。




「豊島鮮魚」は、家浦港の近くに位置している地元で獲れた新鮮な魚と豊島唐櫃の棚田米を食べることができる食堂です。


ここで1日10食限定で売られているお弁当は、ぜひ隣接する作品「豊島愛ランドスケープ」(垣内光司)に上がって、気持ちのよい風と瀬戸内海の景色を楽しみながら召し上がってください。





※店内では、お弁当のほかにも、地元の旬の食材を使った焼き魚、煮魚、天丼、魚のから揚げ定食などが楽しめます。

北川フラム総合ディレクターのお気に入りは「カレイの煮付け定食」。
不定期に更新している北川ディレクターの書き下ろしコラム「フラムコラム」のなかで紹介されていますよ!
https://setouchi-artfest.jp/blog-teshima/detail165.html



前のページ
一覧表示
次のページ