一覧ページへ戻る

リョン・カータイ(梁家泰)

赤い糸

リョン・カータイ(梁家泰)+ 赤い糸

りょんかーたいとあかいいと

香港

リョン・カータイ(梁家泰)は、約40年間プロとして活躍している写真家です。彼の写真は香港、ヨーロッパ、アメリカ、そして東南アジアで発表されています。22冊の本を出版し、多数の雑誌、特にナショナルジオグラフィック、GEO、スターン、ライフ、ニューヨークタイムズ、サンデーテレグラフ、パリマッチで掲載されています。 1994年、ニューヨークのHarry Chapin Media Awards(World Hunger Year)で、香港アーティストギルドの最優秀賞、および最優秀フォトジャーナリズム賞、さらに国内外の賞を受賞しています。また、2010年と2012年の香港国際フォトフェスティバルを主催し、香港写真専門家協会、および香港写真文化協会の会長も務めました。

赤い糸は、香港で集まった多くの学問領域、芸術やデザインの学生や卒業生のチームです。 越後妻有アートトリエンナーレ2018・大地の芸術祭のサポーター、こへび隊として赤い運命の糸で結ばれ、彼らはユニークな香港のプロジェクトを発表し、多様な才能を発揮するために戻ってきました。メンバーはそれぞれ芸術、デザイン、造園、展覧会、結婚式の計画、パフォーマンス、イベント制作などで経験があり、これらの分野でキャリアを積むことを目指しています。